モバイル端末管理でトップシェア「アイキューブドシステムズ」が新規上場へ

モバイル端末管理でトップシェア「アイキューブドシステムズ」が新規上場へ

IPO 関連資料

福岡のベンチャー企業「アイキューブドシステムズ」が東証マザーズへの新規上場を承認されました。企業向けのモバイル管理ツールやビジネスアプリを提供しています。

ここ5年の経営数値をみると、綺麗な右肩上がりで売上が拡大しています。直近では年間14億円の売上。今期は上半期だけで7.7億円と、引き続き伸びているようです。

経常利益についても、2015年6月期の赤字から一貫したペースで改善を続けています。今期の利益率の上昇は目覚ましいですね。経常利益率約30%。

企業向けツール提供で成長するアイキューブドシステムズとはどんな会社なのか、目論見書の内容を紐解いてみましょう。

Apple出身者の参画が転機に

創業者の佐々木勉氏は1972年、長崎生まれ。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン