ヤマハの事業セグメントと収益の内訳

ヤマハの2016年3月期の売上は4354億円、経常利益は409億円。

子会社73社と関連会社6社を有し、「楽器事業」「音響機器事業」「電子部品事業」などの事業を有する。


各事業セグメントとその概要

楽器事業

・楽器の製造販売

・音楽普及事業(ヤマハミュージックジャパンなど)

・音楽ソフト事業(楽譜出版、音楽配信、レコードなど)

音響機器事業

・オーディオ

・業務用音響機器

・情報通信機器

電子部品事業

・電子部品の製造

その他の事業

・リゾート事業(ヤマハリゾートなどにて)

・ゴルフ用品などの製造販売

・自動車用内装部品、FA機器などの製造販売


連結従業員数の内訳

連結従業員数20348名のうち、楽器事業に14524名、音響機器事業に4648名が従事。


セグメント収益

全体の売上4354億円のうち、楽器事業は2788億円と全体の64%を占める。音響機器は1193億円(27%)、電子部品は130億円(3%)の売上。

このうち、音響機器事業のみが前年比5.8%の成長で、残りは減少しており、全体では0.8%の成長となっている。