リユース系マーケットプレイスの元祖!営業利益率50%の自動車オークション企業「ユー・エス・エス」の収益構造を分解

今回は、自動車オークションで国内のトッププレイヤーである「ユー・エス・エス」についてまとめます。

ホームページより)

「ユー・エス・エス」の名前は「Used car System Solutions」の略で、1980年に前身である「愛知自動車総合サービス(株)」が設立されました。

1982年に第1回オートオークションを出品台数255台で開催すると、1988年にはポス席570席となり日本最大に。

1990年代には九州、東京、岡山、札幌など全国展開を本格化し、2000年には東証一部に上場します。

以来、国内の自動車オークションにおける販売台数シェアにおいて、国内トップの地位を保っています。

販売台数マーケットシェアは32%前後と、他者に大きな差をつけて圧倒的トップであることがわかります。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事