【2016年12月期】昭和シェル石油の業績内訳

2016年12月期の売上高は1兆7261億円、経常利益478億円。

事業セグメントは「石油事業」「エネルギーソリューション事業」「その他」の3つで報告されており、それぞれの概要は次の通り。

石油事業

・石油の精製・石油製品、石油化学関連製品の製造

・原油・石油製品の輸送・貯蔵

・石油製品(ガソリン、LPガス、灯油、経由、重油、アスファルト、潤滑油、化成品など)の販売

エネルギーソリューション事業

太陽電池、電力

その他

不動産の賃貸、建設工事、自動車用品の販売など


連結従業員数の内訳

連結従業員4511人のうち、3102人が石油事業、1063人がエネルギーソリューション事業に従事。全体として思ったよりも小さい。


セグメント別の売上高

売上高1兆7261億円のうち、石油事業が1兆5955億円と全体の92%を占める。エネルギーソリューション事業は1213億円(7%)。石油事業は3102人でおよそ1.6兆円、一人当たりおよそ5億円を売り上げていることになる。

地域ごとの売上は、90%以上が日本国内向けとのこと。


セグメント別の利益

セグメント別の利益を見ると、石油事業が538億円を稼ぎ、エネルギーソリューション事業が92億円の赤字となっている。