自社ツールとコンサルの合わせ技で急成長「Macbee Planet」が新規上場へ

自社ツールとコンサルの合わせ技で急成長「Macbee Planet」が新規上場へ

IPO

マーケティング事業を展開する「Macbee Planet」が東証マザーズへの新規上場を承認されました。

会社設立は2015年8月。そこから数年で売上は10億円をゆうに超え、2019年4月期には約47億円まで拡大しています。

今期は上半期時点で売上36.4億円、経常利益3.2億円と、急成長を続けています。

設立から5年足らずのスピード上場となったMacbee Planet。どんな会社なのか、目論見書の内容を中心に整理してみたいと思います。

自社ツールとコンサルティングの合わせ技

Macbee Planetの創業者である小嶋雄介氏は1984年、鎌倉生まれ。

大学卒業後は外資系の自動車メーカーや広告代理店に就職し、2013年10月に「まくびーインターナショナル」に入社しました。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン