国内インターネット企業の四半期決算いろいろランキング

国内インターネット企業の決算を色々な角度からまとめてみます。

色々な角度と言いましたが、時価総額、売上(90日換算)、営業利益(90日換算)、売上成長率、営業利益率の5つです。

画像は「いらすとや」より、インターネットの神様のイラストです。

国内インターネット企業の時価総額ランキング

まずは時価総額です。

時価総額
ヤフー 2兆8369億円
楽天 1兆8704億円
ネクソン 1兆1519億円
スタートトゥデイ 1兆175億円
エムスリー 8966億円
LINE 8420億円
サイバーエージェント 4564億円
ミクシィ 4396億円
ディー・エヌ・エー 3480億円
ガンホー・オンライン・エンターテイメント 2999億円
カカクコム 2842億円
GMOペイメントゲートウェイ 2418億円
グリー 1853億円
エン・ジャパン 1767億円
GMOインターネット 1591億円
コロプラ 1554億円
エス・エム・エス 1464億円
ディップ 1389億円
LIFULL 1040億円
デジタルガレージ 979億円

興味深いことに、19番目のLIFULLまでが丁度1000億円のラインになっています。

時価総額が1兆円を超えたインターネット企業は現在はヤフー、楽天、ネクソン、スタートトゥデイの4社となりました。

成長性を鑑みるに、エムスリーが1兆円を突破するのも時間の問題に思えます。

売上高(90日換算)

続いて売上です。会社によって期が違うので、現時点での四半期売上を1四半期分(90日間)に直して上位20社をとりました。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン