【2016年3月期】コナミホールディングスの業績内訳

2016年3月期のコナミホールディングスの売上高は2499億円、営業利益247億円。

娯楽産業と健康産業を通じて、「価値ある時間(=High Quality Life)」を提供する企業集団とのこと。

事業セグメントは「デジタルエンタテインメント」「健康サービス」「ゲーミング&システム」「遊技機」の4つからなり、それぞれの概要は次の通り。

デジタルエンタテインメント事業

「実況パワフルプロ野球」「ワールドサッカーコレクション」シリーズ、「プロ野球スピリッツA(エース)」などのモバイルゲームや、「メタルギア」「ウイニングイレブン」シリーズを展開。

健康サービス事業

ジム・スポーツクラブ「コナミスポーツクラブ」を展開。

ゲーミング&システム事業

ビデオスロットマシンやカジノマネジメントシステムを北米、オーストラリアを中心に提供。

遊技機事業

パチスロ機を発売。

連結従業員数の内訳

連結従業員4578人のうち、2161人がデジタルエンタテインメント事業、1136人が健康サービス事業、611人がゲーミング&システム事業に従事。


セグメント別売上高

売上高2499億円のうち、デジタルエンタテインメント事業が1327億円で53%を占める。健康サービス事業は713億円(28.5%)。ゲーミング&システム事業は343億円(13.7%)、遊技機事業は121億円(4.8%)の売上。

モバイルゲームでは「実況パワフルプロ野球」が累計2200万ダウンロードに到達したとのこと。

セグメント別損益

デジタルエンタテインメント事業の利益の伸びが大きく、2016年3月期は357億円を稼いでいる。


地域ごとの売上高

地域ごとの売上高を見ると、日本は1679億円を売り上げ全体の67%ほど。米国は533億円(21%)、欧州は204億円(8%)、アジア・オセアニアが83億円(3%)。

日本、米国、欧州では「遊戯王トレーディングカードゲーム」が伸びたらしい。