SPA化で再び成長を加速できるか?国内トップを譲り渡した「マツモトキヨシHD」の過去・現在・未来

大手ドラッグストアチェーンである「マツモトキヨシHD」についてまとめてみたいと思います。

小売業界では、大手百貨店が不振に苦しむ中で、コンビニやドラッグストアの躍進が続いています。

ドラッグ店市場規模 百貨店超え 6.4兆円、16年度5.9%増

中でもドラッグストアは、2000年度から16年連続でプラス成長となる躍進ぶりで、2016年の市場規模は6.4兆円に達しています。

ドラッグストアチェーンの現在の一位は「ウェルシアホールディングス」ですが、2015年度まで国内トップの座を約20年もの間キープしていたのがマツモトキヨシグループです。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

スライド3枚でわかる「スギホールディングス」2019年2月期決算

スライド3枚でわかる「スギホールディングス」2019年2月期決算

注目企業

スギホールディングス(証券コード:7649)の2019年度2月期決算が発表されました。スギホールディングスはスギ薬局を運営している会社です。

まずは損益の状況から。今期の売上は前期から7%増収の4,885億円で営業利益は4%増加の258億円。17/2期以降、売上成長率は加速しています。営業利益率は5-6%の間で変わらず、コスト構造では販管費が少し拡大傾向にあります。