2015年度 野村ホールディングスの業績

要点

・2015年度の収益合計は1兆7230億円、当期純利益は1315億円

全体の業績推移

2008年度には5000億円を超える大きな赤字を記録している。サブプライムショックの影響だろう。その後、収益は増大し、近年は2兆円弱に落ち着いているようだ。

利益率は高くなく、2007年度にも赤字を記録している。


事業と組織について

野村ホールディングスは、同社も含めた子会社など1214社から構成されるグループであり、証券業を中心とした投資・金融サービスを主な事業とする。

主な子会社には野村證券、野村アセットマネジメント、野村信託銀行、野村総合研究所、ジャフコ、野村不動産ホールディングスなどがある。

(有価証券報告書より)

連結会社の従業員は2万8865名おり、主な事業セグメントである営業部門、アセット・マネジメント部門、ホールセール部門にそれぞれ9461名、864名、1508名が所属している。