ラグジュアリーブランドが続々参入 ファッションNFTビジネスを解説

ラグジュアリーブランドが続々参入 ファッションNFTビジネスを解説

ルイ・ヴィトン、グッチ、バレンシアガ、プラダ、カルティエ……これらは全て、NFTに参入している、あるいは参入を表明しているファッションブランドだ。

活況を呈しているNFTマーケットにおいて、今後の有力なコンテンツとして考えられているのがデジタルファッションの分野である。 

NFTのマーケットであるOpenSeaのイーサリアム(ETH)上の月次平均流通額は今年1月には約5,000億円規模に達した。二次流通も合わせると年間流通額は6兆円にも上る。

Dune Analytics

このようにNFTの流通自体は拡大しているものの、デジタルファッション分野のNFTを何のために購入し、どんなビジネスが生まれているかはあまり知られていない。

ファッションブランドの世界で、NFTによってどんなビジネスが生まれようとしているのか。 今回は、Kreation代表取締役CEOの⼩川智也氏に取材。ファッションブランドという切り口からNFTビジネスの展望を解説する。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン