10X矢本真丈CEOインタビュー「競合は楽天、ネットスーパー比率15%の世界作る」

10X矢本真丈CEOインタビュー「競合は楽天、ネットスーパー比率15%の世界作る」

小売エンタープライズに特化したEC/DXプラットフォーム「Stailer」(ステイラー)を提供するスタートアップ・10XがGMV(流通取引総額)前年比3倍というハイスピードで成長しているようだ。

創業は2017年だが、2020年5月にStailerを開始して以来、イトーヨーカドー、ライフなどの、小売大手への導入が次々と進んでおり、業界の注目度が高い企業の一つだ。

Stailerの特徴は、リアル店舗を持つ小売店が、基本的に初期費用が少なくネットECを始められる点だ。もともとネットスーパーを持っていたイトーヨーカドーのような大手のリプレースも可能だ。

昨年7月にはDCMベンチャーズやANRIから約15億円を調達。Stailerプラットフォームの流通総額について、今後2年で10倍以上を目指すという。

10X創業者である代表取締役CEO矢本真丈氏は丸紅やNPO、メルカリなどでプロダクトマネージャーとしての経験を積み、起業した人物だ。創業当初は自力でネットスーパーをやろうとしていたこともある。

(10X の概算による)

日本のグロサリーEC化率は海外に大きく劣り、たった1.5%しかなく、成長余地が大きい。日本の小売業が抱える課題に自ら体当たりし、内側から改革しようとしている10Xが、今何をしているのか。

ネットスーパーが抱える問題点と、同社の成長戦略について、矢本氏に話を聞いた。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン