規制産業に特化したノーコード「Unqork」はなぜ支持されるのか?(後編)

規制産業に特化したノーコード「Unqork」はなぜ支持されるのか?(後編)

特集

「私が人生で最も嫌いな言葉は、 “Developer”(開発者)だ」。ノーコードサービス「Unqork」のCEO、ゲイリー・ホバーマンはそう語る。

Unqorkはニューヨーク発のスタートアップとして、創業から4年で数々の大企業・政府機関との協業を成し遂げてきた。

ゲイリーが言いたいのは、企業が自らの抱える課題をIT解決するために、コードを書くためだけに雇われる「開発者」は必要ないということだ。コーディングスキルがなくても、誰もが「エンジニア」として問題解決に取り組める世界をつくるためのサービス、それがUnqorkである。

本記事では、規制産業に特化したノーコードサービスであるUnqorkが、どのように異なるサービス間を連携させ、セキュリティ上の堅牢さを確保しているかを分析する。その上で、行政や政府を中心に、金融・保険・医療といった現場でどのように使われてきたのかを解説していく。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン