ノーコード特集!データベースの民主化をもたらした「Airtable」(前編)

ノーコード特集!データベースの民主化をもたらした「Airtable」(前編)

特集

「市民開発者」という言葉がある。それが意味するのは、コーディングの知識がほとんどない人が、ノーコード/ローコードといった技術を用いてWebサイトやアプリ開発を実践すること。

2023年までに「市民開発者」の数はプロのエンジニアの数の4倍にもなると予想される。その結果としてノーコード/ローコードを用いたアプリやサービスの市場は、520億ドルに急成長すると見込まれている。

2012年に設立された「Airtable」は、一般的に想起されるウェブサイトやアプリだけでなく、WEBのデータベース構築までもエンジニアなしで可能にする。簡単に言うと、ExcelやGoogle Spreadsheetに置き代わるサービスだ。

本記事では、近年注目の高まるノーコード/ローコード市場のプロダクトを概観しながら、Airtableがいかに特異なポジションとなり、「プログラミングなし」のサービス開発に寄与しているかを読み解く。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン