ファッションサブスク「Rent the Runway」上場へ!その事業モデルとは

ファッションサブスク「Rent the Runway」上場へ!その事業モデルとは

IPO

今回ご紹介するのは、10月4日にNASDAQへの上場申請書類を公開した「Rent the Runway」という米国企業だ。

手がけるのは、デザイナーズブランドの洋服などをレンタルできるサブスクリプションサービス。750を超えるブランドと組んで1万8000スタイル以上の商品を取り扱っており、自らを「クラウド上のクローゼット(the Closet in the Cloud)」と称する。

音楽や動画、自動車など様々な産業で「所有からシェア」へと価値観が移行する中、ファッション業界でこのシフトを進めようとしているのが「Rent the Runway」だ。

その創業ストーリーや事業モデルを整理した上で、コロナ禍での苦境や立て直しに向けた施策までを確認していこう。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン
連載シリーズ (全44回)

2021年海外の注目IPO

Lcix9huzye8fehvjrj5ika
ファッションサブスク「Rent the Runway」上場へ!その事業モデルとは
Lcix9huzye8fehvjrj5ika