D2Cアイウェア「Warby Parker」が上場!創業ストーリーと戦略に迫る

D2Cアイウェア「Warby Parker」が上場!創業ストーリーと戦略に迫る

IPO

米国のアイウェアブランド「Warby Parker」が近く、ニューヨーク証券取引所への新規上場を果たす。

マットレスブランド「Casper」は2014年創業、シューズブランド「Allbirds」の設立は2016年だ。一方でWarby Parkerは2010年に創業。「D2C」というカテゴリにおける先駆者的存在(の一つ)である。

巨大なメガネ産業をディスラプトしたWarby Parkerの戦い方は、その後数多く生まれたD2Cブランドが必ずといっていいほど参考にする事例の一つとなった。

今回の記事では、上場申請にともない明らかになった財務情報を参照しつつ、Warby Parkerの創業ストーリー、特徴的な事業モデルについてご紹介する。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン
連載シリーズ (全39回)

2021年海外の注目IPO

Zg4omnorsl8 jolaa7c8vw
D2Cアイウェア「Warby Parker」が上場!創業ストーリーと戦略に迫る
Zg4omnorsl8 jolaa7c8vw