「前置倉庫」モデルの代表格、中国の生鮮食品EC「Dingdong」の事業戦略

「前置倉庫」モデルの代表格、中国の生鮮食品EC「Dingdong」の事業戦略

IPO

生鮮食品のオンライン販売を手がける「Dingdong(叮咚買菜)」が6月29日、ニューヨーク証券取引所に上場した。ソフトバンクグループやセコイア・キャピタルなどから出資を受ける「ユニコーン」として知られてきた企業だ。

掲げるミッションは、「生鮮食品が水道水と同じくらい簡単に手に入るようにする」こと。エリアごとに設置した小型拠点から配送する「前置倉庫」モデルで高成長を遂げている。

あらゆる業界でオンラインシフトが進む中、生鮮食品のEC市場も拡大が続く。2020年度、同社の流通総額は前年比2.8倍の130億元(≒2220億円)。この3年間の年平均成長率は319%にのぼる。

魅力的な市場である分、競争環境も熾烈だ。アリババグループやJD.com、拼多多(Pinduoduo)など巨大企業が凌ぎを削る。そんな中、Dingdongはどのような戦略をとっているのか。IPO時の目論見書を軸に確認していこう。

軍隊で鍛えた辛抱強さが生きる

現在までCEOを務めるチャンリン・リャン(Changlin Liang)は、経営者として少し変わった経歴を持つ。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。

連載シリーズ (全42回)

2021年海外の注目IPO

Rxt4jbmaq0ttdtercnz2ca
「前置倉庫」モデルの代表格、中国の生鮮食品EC「Dingdong」の事業戦略
Rxt4jbmaq0ttdtercnz2ca