医師版LinkedIn「Doximity」米国医師の8割超が登録、遠隔診療に参入

医師版LinkedIn「Doximity」米国医師の8割超が登録、遠隔診療に参入

IPO

今回ご紹介するのは、6月24日にニューヨーク証券取引所に上場した「Doximity」という会社だ。

手がけるのは、医療従事者の交流や情報収集、転職活動などを効率化するプラットフォーム。医師向けの「LinkedIn」としても知られる。

業績は右肩上がりで伸び、2021年3月期の通期売上は前年比78%増の2億ドル。営業利益率は25.7%と高収益だ。足元の時価総額は90億ドルに迫る。

アメリカに住む医師の実に80%超が登録し、Doximityは業界における必須サービスとなりつつある。昨年には遠隔医療サービスへ進出、事業領域の拡大も進む。

日本のエムスリーとも比較されるその事業モデルについて、IPO時の目論見書を中心に整理していこう。

ヘルスケア領域のベテランが創業

Doximityの設立は2010年。創業者であるジェフ・タングニー(Jeff Tangney)は過去にもヘルスケア企業の上場に携わった経験を持つ。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン
連載シリーズ (全35回)

2021年海外の注目IPO

369ghso6hgdtys5jcabnfw
医師版LinkedIn「Doximity」米国医師の8割超が登録、遠隔診療に参入
369ghso6hgdtys5jcabnfw