手芸版Peloton!コネクテッド切断機「Cricut」の事業モデル

手芸版Peloton!コネクテッド切断機「Cricut」の事業モデル

IPO

今回ご紹介するのは「Cricut(クリカット)」という企業だ。

手芸品を制作できる自動切断マシンの販売と、製品デザインやフォントをダウンロードできる定期課金サービスを手がける。いわば、手芸品版の「Peloton」ともいえるモデルだ

今年3月にNASDAQへ上場。株価は上昇傾向が続き、上場時からは2.4倍の水準だ。足元の時価総額は95億ドルに迫っている。

コロナ禍により自宅で過ごす時間が伸びる中、DIYを始める人が増えた。ハンドメイド商品をオンラインショップに出品し、稼ぎを得る人も珍しくなくなった。

クラフトブームが加速する中、順調に業績を拡大するのが「Cricut」だ。その事業モデルとは一体どのようなものなのか。上場時の目論見書や直近の決算報告を軸に整理していこう。

現CEOは「Logitech」出身

Cricutの創業は1962年だが、現在のビジネスモデルが出来上がったのはここ十数年のこと。率いたのは、現在CEOを務めるアシシュ・アローラ(Ashish Arora)だ。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン
連載シリーズ (全35回)

2021年海外の注目IPO

P  qpmkf31 fqlp4g3rc8w
手芸版Peloton!コネクテッド切断機「Cricut」の事業モデル
P  qpmkf31 fqlp4g3rc8w