一人の学生の気付きから生まれたグローバル決済企業「Flywire」創業史

一人の学生の気付きから生まれたグローバル決済企業「Flywire」創業史

特集

さまざまな産業領域にまたがる、複雑な事業モデルを展開しているスタートアップであっても、その出発点は意外にもシンプルだったりする。

教育、医療、旅行、法人間取引と、複数領域でバーティカルな決済サービスを展開し、グローバル決済市場をリードするFlywireも、一人の学生の「気づき」から生まれた。

2009年以降、総計約3.2億ドル(約354億円)を調達し、2021年5月にIPOを実施し、時価総額が約36億ドル(約3950億円)に達したグローバル決済市場の雄・Flywireはいかにして生まれたのか。パンデミックをものともせず急伸を続ける同社の創業史をたどる。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン