LEGO(後編)「レゴらしさ」への回帰、倒産危機から奇跡の復活

LEGO(後編)「レゴらしさ」への回帰、倒産危機から奇跡の復活

特集

前回の続き)

世界一のおもちゃ帝国「LEGO」。全てのブロックを連結させることができる「遊びのシステム」を構築し、世界的なブランドに成長した。

ところがテレビゲームの台頭や多角化の失敗から、2000年頃には極度の業績不振に陥る。ファンドへの売却案も浮上し、誰もが自力再生は不可能だと思っていた。

そんな中、LEGOは経営を抜本的に見直し、見事にV字回復を達成。それから10年以上、業績は成長基調へと転じた。これほどまでの成長を予期した者は、当時ほとんどいなかったはずだ。

コロナの影響を受けた2020年度は売上、営業利益でともに過去最高を更新した。後編ではその軌跡を追っていこう。

倒産の危機、売却の噂も浮上

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン