中国で自動車関連メディアやECマーケットプレイスを展開するAutohome

Autohomeは中国のインターネット企業で、自動車に関わるサービスを展開しているようだ。

サイト見た感じだと、ガチで自動車買えるっぽい。

大きく伸びてるし、利益率も高い。こういう企業は調べた方がいい気がする。

といってもそれほど良いソースが日本語はもちろん英語でもなかなかないので、とりあえず直近の四半期速報を読んでみることにしよう。

2017年1Qの財務ハイライト

・四半期売上高はYoYで23.3%増加し、1.96億ドルとなった

・純利益は33.8%増加し、4760万ドルとなった

・営業キャッシュフローは205.4%増加し、7190万ドルとなった

2017年1Qの営業ハイライト

・モバイルのトラフィックに引き続き注力した

2017年1Qにモバイルサイトやアプリにおける平均デイリーアクティブユーザー数はそれぞれ1010万人と820万人となった。両方合わせると、前年同期比で23%の増大。モバイルアプリの平均使用時間は18分であった。

・3月の自動車フェスティバルで拡張現実ショールームの発表に成功

3月17日から22日までに開催された自動車フェスティバルにおいて、ARの自動車ショールームを発表した。結構いい感じだったので、6月の自動車フェスティバルではもっとたくさんの自動車メーカーを招いて、彼らの製品をプロモーションできるよう拡大しようと思う。

・アセットライトな自動車ECプラットフォームのビジネスモデル

アセットライトな自動車ECプラットフォームになる戦略は予定通り進めている。2017年1Qに直販在庫から3658の車両を販売した。

(アセットライトというのは、売上債権や在庫を処分してバランスシートを圧縮することらしい)


セグメント業績

・メディアサービス(前年同期比+17.2%で売上7530万ドル)

売上成長の主な要因は、自動車メーカーあたりの平均売上高の増大であり、彼らはより多くの予算をAutohomeのオンライン広告とマーケティングチャネルに割いてきている。

・リード・ジェネレーション・サービス(前年同期比+40.1%で7820万ドル)

売上成長の主な要因は、課金ディーラーあたりの平均売上が26%増加したことであり、ディーラーたちはより多くの予算をAutohomeのサービスに割いてきている。

・オンライン・マーケットプレイス(前年同期比+9%で4250万ドル)

直接販売で3658車両を販売し、4000万ドルの売上をあげた。直販がオンライン・マーケットプレイスの94%ほどを占めているが、直販事業を徐々に減らしていき、トランザクション(取引)の支援に特化するという戦略の一環だという。


コスト

売上原価は前年同期比で16%増加し、6460万ドル。増加要因の多くは、車両の直販の増加と、売上増大に伴う税金の増加。そのほか、売上原価にはレベニューシェアが60万ドルほど含まれる。


営業コストは7.7%増加し、8080万ドルとなった。このうち多くを占めるのは製品開発コストとのこと。

セールス・マーケティング費用は6.9%減少し、4450万ドルとなった。

一般管理費用は16.2%減少し、880万ドルとなった。減少の主な要因はコーポレート部門を縮小したためらしい。

製品開発費用は64.3%増大し、2760万ドルに。


その他の情報

従業員は四半期終了時点で3745人。


まとめ

まだよくわからないというのが正直なところだが、自動車に関連するUGCのメディアや自動車売買のオンライン・マーケットプレイスなどを展開しているようだ。今まではEC直販もやっていたが、今後は取引の仲介に専念していくとのこと。

マーケティング費用やコーポレート費用を縮小し、製品開発により投資していく姿勢などはテクノロジー企業としては好感が持てる。

世界の自動車メーカーにとって、中国市場はすでに重要な位置を占めており、今後もその傾向は拡大していくと思われるので、単純にメディアだけでも大きなポテンシャルがありそうだ。


企業価値分析

追記として、Autohomeの企業価値分析を試みます。

まず、過去5年間のキャッシュフローの推移をみてみます。

このグラフからフリーキャッシュフローの成長率を割り出してみると、2013年までは100%以上、つまり倍以上の成長率でしたが、徐々にマイルドになり、2016年は12%ほどのプラス成長にとどまっています。

そのため、今後5年間の平均成長率を5%として見積もってみましょう。

2018 2019 2020 2021 2022
予測FCF 16億9460万8000 17億7933万8000 18億6830万5000 19億6172万 20億5980万6000
現在価値 15億2514万7200 14億4126万3780 13億6199万4345 12億8708万4492 12億1629万4845
有利子負債額0 有利子負債コスト0.01 実効税率0.4
株主資本時価367億6000万 株主資本コスト0.1 WACC
0.1
永久成長率0.03 継続価値
303億857万3999
企業価値
371億4035万8661

かなり保守的なケースではありますが、評価額は371億人民元、4434億円ほどということになりました。

現在の時価が367億人民元なので、かなり適正額に収まっていると言えます。

少し強気の試算もしてみましょう。

年平均成長率を10%とし、永久成長率も5%とします。

2018 2019 2020 2021 2022
予測FCF 18億5984万1000 20億4582万6000 22億5040万8000 24億7544万9000 27億2299万4000
現在価値 16億7385万6900 16億5711万9060 16億4054万7432 16億2414万2089 16億790万727
有利子負債額0 有利子負債コスト0.01 実効税率0.4
株主資本時価367億6000万 株主資本コスト0.1 WACC
0.1
永久成長率0.05 継続価値
571億8287万4000
企業価値
653億8644万207

こちらの場合の評価額は653億人民元となりました。現在の1.8倍ほどです。