半導体はなぜ不足するのか?その成り立ちから考える

半導体はなぜ不足するのか?その成り立ちから考える

特集

デジタル化が進む現代において「半導体」は欠かせない存在だ。スマホやパソコンはもちろん、自動車や家電製品、通信インフラなどにも使われる。

その半導体が「不足」しているというのは、ここのところ何度も報道されてきたことだ。しかし、そもそもなぜ不足するのだろうか?

天候によって生産量が左右される農作物ならいざしらず、半導体は「工業製品」である。不足するとすれば、その原因は多分に人為的なプロセスによるものに違いない。

今回の記事では、そもそも半導体とは何かという点について改めて確認する。その上で業界の全体像、それから「なぜ不足しているか」という点に踏み込んでいく。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン