Datadog 2Q決算:68%増収も株価急落、今後は政府機関もターゲットに

Datadog 2Q決算:68%増収も株価急落、今後は政府機関もターゲットに

注目決算 関連資料

米SaaS企業Datadogが8月6日に発表した2020年4〜6月期決算は最終損益が28.4万ドルの黒字だった。2019年4Qから3四半期連続で最終黒字を実現している。

売上高は前年比68.2%増の1億4,001万ドル。成長率は非常に高いものの、直前四半期までと比べると減速した印象は否定できない。

営業利益についても65.4万ドルの黒字を保ったが、1〜3月期と比べると利益額は大きく減少している。

もっとも、この結果は前回決算で開示したガイダンスを大きく上回った。売上高は予想上限の1.36億ドルをさらに上回り、Non-GAAPベースでの営業利益は1,500万ドルに達している。

Datadogが提供するのは、開発チーム向けの分析プラットフォームだ。パンデミックでデジタルシフトが加速する中で、サービスの運用・監視する重要性は一層高まっている。

大口顧客1,000社突破も、純増数は半減

Datadogの顧客数は12,100社にのぼったが、その成長率は前年比37%(前年同期は8,800社)。これを上回る急成長を支えてきたのは大口顧客の拡大だ。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。