運用監視SaaS「Dynatrace」が成長加速:Datadogとともに評価高騰

運用監視SaaS「Dynatrace」が成長加速:Datadogとともに評価高騰

注目企業

アプリケーションの運用監視ツールを提供する「Dynatrace」の成長が加速しています。

2020年3月期の年間売上は5億4,580万ドル。前年比26.7%増へと大きく加速しました。その一方で、営業赤字は前年の2倍以上に拡大。

米国のSaaS企業は成長率の高さもあって、カテゴリ全体として大きな注目を集めています。その中で、Dynatraceの成長スピードは比較的マイルドな部類。

Dynatraceは2019年8月に上場したばかりですが、現在の時価総額は100億ドルを超えています。

売上の成長ペースの割には、市場から高い評価を受けている印象のDynatrace。どんな企業なのか、事業内容や決算数値、競合と比べた立ち位置などを整理します。

老舗ベンダーからスピンオフ、PEの支援で上場

Dynatraceは2005年にオーストリアのリンツで創業されました。

2007年、2008年と立て続けに「ベインキャピタル」から資金を調達し、事業成長を加速します。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン