TKP 1Q決算:昨年のリージャス買収が福音に!新たな需要取り込みに向け施策続々

TKP 1Q決算:昨年のリージャス買収が福音に!新たな需要取り込みに向け施策続々

決算まとめ 関連資料

貸し会議室やホテルを運営する「ティーケーピー」が2021年2月期第1四半期決算を発表しました。

3ヶ月間の売上は104.5億円で前年と同規模を維持。しかし、営業損益については-9.7億円の赤字に転じました。

コロナ禍で苦戦が予想されていたTKPでしたが、売上へのインパクトは思ったよりも小さい印象。確認してみると、昨年の「リージャス」買収が超ファイプレーだったことが分かります。

決算数値にどのような影響が表れているのか、具体的に確認していきましょう。

TKP本体の売上は半分が「キャンセル料」に

まず確認したいのは、TKP全体の売上構成です。これがなかなか劇的な変化を示しています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン