【2016年3月期】サンリオの業績

サンリオの2016年3月期の売上高は725億円、経常利益は132億円。

事業セグメントと概要は以下の通り。地域ごとの区分しているようだ。

日本

「ソーシャル・コミュニケーションギフト商品」の企画・販売と著作権の許諾・管理

テーマパークやレストランの運営、ロボットの賃貸、自動車などの賃貸、飲食業

欧州

「ソーシャル・コミュニケーションギフト商品」の企画・販売と著作権の許諾・管理

資金の貸付

北米

「ソーシャル・コミュニケーションギフト商品」の企画・販売と著作権の許諾・管理

映画・アニメーション制作・キャラクターの映像・CM出演契約、デジタルメディアなど

南米

「ソーシャル・コミュニケーションギフト商品」の企画・販売と著作権の許諾・管理

アジア

「ソーシャル・コミュニケーションギフト商品」の企画・販売と著作権の許諾・管理


連結従業員数の内訳

連結従業員1331名の内訳。日本に988名(74.2%)、欧州に66名(5%)、北米に103名(7.7%)、南米に31名(2.3%)、アジアに139名(10.4%)。


セグメント別の業績

サンリオの売上高725億円の内訳。日本で500億円を売り上げ、全体の68.9%を占める。欧州は56億円(7.8%)、北米は59億円(8.2%)、南米は12.7億円(1.8%)、アジアは97億円(13.4%)。


各セグメント売上高のうち、ロイヤリティ収入は日本107億円、、欧州55.6億円、北米44.2億円、南米12.5億円、アジア76億円とのこと。全体では295.7億円。

セグメント別の利益を比較すると、日本で86億円、アジアで33億円、欧州で11億円を稼いでいるのが大きなところ。


製品ごとの売上高

サービスごとの売上高の内訳。ソーシャル・コミュニケーションギフト事業が627億円、テーマパーク事業が77億円を売り上げている。


その他

その他、有価証券報告書を読んでいて目についた点をまとめる。

業務提携

日本ケンタッキー・フライド・チキン、三菱商事、セガサミーホールディングスとそれぞれ業務提携を結んでいる。

ケンタッキーフライドチキン店のフランチャイズ権を有しているらしい。

三菱商事には国内外での映像、アニメなどコンテンツの事業化。セガサミーホールディングスとは包括的業務提携基本契約(よくわからん)を結んでいる。

その他、ブラジル・チリにてJohnson&Johnsonとデザインやキャラクターの利用権、英国やイタリアなどでH&Mとキャラクターの利用券について提携を結んでいる。