中国発LGBTQ向けデーティングアプリ「BlueCity」がNASDAQ上場へ

中国発LGBTQ向けデーティングアプリ「BlueCity」がNASDAQ上場へ

IPO

中国でLGBTQ向けにデーティングアプリを提供する「BlueCity」がNASDAQにIPOを申請し、申請資料(F-1)が公開されました。

申請資料の表紙によれば、BlueCityは「中国最大のLGBTQコミュニティ」であるとのこと。世界210カ国以上に登録ユーザーがいるといいます。

2019年の売上は前年比+51.4%増の7.6億元(114億円)と100億円を超えています。収益性も改善傾向にあり、少しずつ黒字に近づいています。

BlueCityがどのような企業なのか、上場申請書類を整理していきます。

元警察官が20年前に開設したLGBTQコミュニティが原点

BlueCityの原点は、Baoli Ma氏が2000年に立ち上げた「Danlan.org」というサービスにあります。

警察官だったMa氏は、自身がゲイであることを公にできずにいました。そこで、LGBTQにフォーカスしたオンラインフォーラムとして「Danlan.org」を開設。Ma氏は会員ナンバー1番として運営にあたります。

Danlan.orgの利用者が増えていき、2006年以降は数人のボランティアと共同運営を開始しました。Ma氏とDanlan.orgはHIVの周知・予防促進活動にも注力し、組織も徐々に拡大。Ma氏は2011年に警察官を辞めて法人化を決意し、従業員34名とともにBlueCityを起業しました。

翌年にはモバイルアプリ「Blued」をリリースし、SNSサービスを拡大。現在は登録者数4,900万人を抱えるまでに成長しています。

SNSサービス以外に代理出産マッチング等も提供

BlueCityは大きく5つのサービスを運営しています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン