今週のスタートアップ調達ニュース:データウェアハウスの「Snowflake」など

今週のスタートアップ調達ニュース:データウェアハウスの「Snowflake」など

スタートアップ

今回は、2020年2月8日〜2月14日までに資金調達を発表した海外スタートアップを紹介します。 

※記事で紹介していない企業を含めた海外スタートアップ調達一覧(2月分)が欲しい方はお問合せください。3月上旬にお渡しできます。

Snowflake:クラウド向けデータウェアハウス

クラウドのデータウェアハウス会社の『Snowflake』がDragoneer Investment Group等から4.79億ドルの資金調達を実施しました。 

Snowflakeは2012年に創立され、クラウド上に散らばっているサードパーティーのサービスや企業のプログラム・アプリのデータを一元管理するプラットフォームを提供しています。

今回の評価額は、2018年10月の39億ドルから約3倍となる124億ドルとなり、デカコーンの仲間入りをしました。なお、今回のラウンドにはセールスフォースも参加しています。

● 調達金額:4.79億ドル (評価額:124億ドル)

● ラウンド:Series G

● 主な投資家:Dragoneer Investment Group、Salesforce Ventures

● ニュースリリース:リンク

Headspace:瞑想/マインドフルネスのサブスク

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン