動画返信が爆発的な成長をブースト「YouTube」の歴史(後編)

動画返信が爆発的な成長をブースト「YouTube」の歴史(後編)

特集

前回のつづき)

2005年4月に最初の動画をアップロードしたYouTube。

はじめは当然、創業メンバー以外に動画を上げてくれる人はおらず、3人ともふてくされていました。「出会い系」っぽいコンセプトにしてみるも、やはりダメ。

結局は、真面目にユーザーの継続と流入を高める施策をとることで、成長に火がつくことになりました。

一度火がつくと、動画のアップロード数が増え、動画のアップロード数が増えると、その中に「ヒット動画」が含まれる頻度が拡大。こうして、瞬く間に人気プラットフォームとして注目が集まりました。

初期の成長に貢献した「動画返信」機能

創業メンバーにとって意外だったのが、YouTube上でのコミュニティの広がり方。中でも象徴的なのが、「やってみた」動画の人気化です。

この動画は、2006年8月に投稿された「メントス+ダイエットコーク」の動画。「メントスを食べて、ダイエットコークを飲んだら、人間はどうなるのか」というアホらしい企画です。

興味深いのが全く同様の動画が続々とアップロードされたこと。いわば、動画への動画によるコメントのような形で、バズが生まれたのです。このようにして、数々の人気コンテンツがバイラルしていきました。

こうした反応は、創業メンバー側にとっても予測がつかないもので、彼らは「コミュニティがどうYouTubeを使っているか」を理解して、それに合わせていくような形で改善を進めました。

実際に導入されたのが、「動画による返信」機能。初期のYouTubeコミュニティでは、こうしたユーザー同士の役割がプラットフォームを盛り上げ、ユーザー獲得とエンゲージメントを加速させていきました。

もっとも、巨大プラットフォームになった後は徐々に「動画返信」の役割は薄れ、最終的にはクリック率(CTR)が0.0004%まで下がったといいます。こうして2013年、この機能は削除されました。

プラットフォームの成長とともに機能が変わっていく点が非常に興味深いところ。

セコイア・キャピタルからの出資

話は戻って2005年11月、YouTubeはセコイア・キャピタルから350万ドルの出資を獲得。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン