渋谷再開発で大幅増収の「パルコ」3Q決算まとめ

渋谷再開発で大幅増収の「パルコ」3Q決算まとめ

注目決算

大手デパートの一角、パルコの営業収益・利益がともに大幅に拡大しています。

営業収益は880億円で、前年比+32.8%の拡大。営業利益は101.3億円で+24.5%の増益。

しかしながら、大手百貨店が軒並み苦戦する中、パルコだけが急成長というわけにはなかなか行きません。営業収益のうち217億円は渋谷再開発事業における保留床売却によるもの。この金額を差し引くと、営業収益は663億円となり、前年とほぼ横ばい。

1969年の「池袋PARCO」開業から50周年を迎えたパルコ。経営はどんな状況にあるのか、決算書類を紐解いてみましょう。

渋谷再開発で見かけ上、大幅増収

パルコには、ショッピングセンター「パルコ」のほかに、セレクトショップ「ヌーヴ・エイ」を展開する専門店事業、パルコ内の空間演出などを手がける「総合空間事業」などの事業セグメントがあります。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。