商品取扱高が前年から38%成長したスタートトゥデイの決算数値をまとめてビジュアライズ

事業KPIをとにかくビジュアライズするシリーズ、今回はスタートトゥデイをみてみたいと思います。今日、2018年3月期2Qの決算が出たばかりなので、最新情報です。


まずは全体のハイライトを軽く確認しておきましょう。

・商品取扱高:1196億円(YoY+38.3%)、営業利益138億円(YoY+30.6%)

・商品取扱高のほとんどが「受託ショップ」事業で、1097億円(YoY+40.9%)

・営業利益率(対商品取扱高)は11.6(前年同期 12.2%)

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

『ZOZOSUITS』関連に15億円!高収益企業「スタートトゥデイ」の利益率が低下した要因を整理

前澤社長が率いるスタートトゥデイの決算が発表されました。

「ZOZOSUITS」をはじめ、社内外で話題の多い同社ですが、今回の決算はどうなっているでしょうか。