マイクロソフトとバトル勃発?「Slack」3Q決算まとめ

マイクロソフトとバトル勃発?「Slack」3Q決算まとめ

コラボレーションツール「Slack」の3Q決算が12月4日、発表されました。

四半期売上は1.69億ドルに拡大し、前年同期から+60%の成長。

営業損失は9,500万ドルで前年から拡大。一方、株式報酬などを除外した「Non-GAAP」営業損失は▲1,810万ドルで、前年同期の▲3,960万ドルから大幅に改善しています。

Slackについて、直近のホットトピックといえばマイクロソフトとの競合です。

今年の7月、マイクロソフトの『Microsoft Teams』がDAUでSlack超えを宣言。さらに直近では、DAU2,000万人を超えたことを発表しました。

この報道をみて「Slack、マイクロソフトにやられているのか?」と思った方も少なくないのではないでしょうか。CEOのスチュワート・バターフィールドは、この件についてしっかり反論しています。

ARR10万ドル以上の顧客が+67%

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。