カーシェアの収益性向上が継続「パーク24」通期決算まとめ

カーシェアの収益性向上が継続「パーク24」通期決算まとめ

タイムズカーシェアなどを運営する「パーク24」が12月16日、通期決算を発表しました。

売上高は3,174億円(前年比+4.9%)、営業利益は223億円(同-0.96億円)。増収減益となりました。

ここ数年かなりの勢いで拡大していたパーク24ですが、特に売上成長率がこれまでに比べて減速したように見えます。

今年は台風19号などの自然災害もあり、駐車場設備に若干の被害が出たと言います。しかし、それだけが原因でしょうか。

足元の数字を決定づけているのはどの事業なのか、決算書の内容を整理してみましょう。

モビリティ事業は引き続き拡大

パーク24の主な事業は「国内駐車場」「海外駐車場」「モビリティ事業」の大きく3つ。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン