年明け続々!FiNCやタイムバンクなど、国内スタートアップ調達まとめ

年明け続々!FiNCやタイムバンクなど、国内スタートアップ調達まとめ

スタートアップ

2020年に入ってから10日が経ちましたが、早くも国内外で多くのスタートアップ調達ニュースが出ています。

今回取り上げるのは合計7社。フィットネスアプリ「FiNC」から越境ECまで、一つずつ概要をチェックしていきましょう!

まず1社目は、フィットネスアプリを提供するFiNC。

今回、調達したのは約50億円(引受先は非公開)。累計調達額は150億円を超えて、800万ダウンロードを突破したフィットネスアプリ「FiNC®️」などに課長するAI開発や新規事業、マーケティング強化にあてるとしています。

同じタイミングで経営体制の変更も公表しており、事業展開のスピードを加速する目的で、3代表制から代表取締役1名に変更。新たに代表取締役CEOを務めるのは、代表取締役CTOを務めてきた南野充則氏。創業者である溝口勇児氏は非常勤取締役になるとのこと。

参考:株式会社FiNC Technologies 約50億円の第三者割当増資

VRイベントプラットフォーム「クラスター」

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。