アメリカのフィットネスユニコーン『Peloton』が上場申請

アメリカのフィットネスユニコーン『Peloton』が上場申請

IPO


2019年8月28日、アメリカのフィットネスユニコーン企業『Peloton』の上場申請書が発表されました。(ティッカーシンボル:PTON)

Pelotonの創業者であるJohn Foley氏は、1990年からMars incでエンジニアとしてキャリアをスタート。その後価格比較サイトなどを創業した後、2012年に創業したのが今回上場することになる『Peloton』です。

今でこそアメリカでブームを巻き起こしているPelotonですが、創業当初は投資家から理解を得られず400回ほど投資を断られたとのこと。

2012年に創業され、2014年にPelotonのメインプロダクト『Peloton Bike』を販売開始。2017年6月には定期課金者が10万人を突破。

2018年9月からイギリス・カナダに進出開始し、新プロダクトとしてランニングマシーン『Peloton Tread』もローンチしています。

業績を見てみると2017年6月期の通期売上が2.19億ドルなのに対して、2019年6月期の通期売上は9.15億ドルに増加。売上が増加する一方で、営業損失も拡大。19/6期は▲2.02億ドルと前年の5倍近くまで赤字が拡大しています。

四半期の業績推移をみると2Q(10月〜12月)、3Q(1月〜3月)にかけて売上が増大する傾向にあります。

NYを中心にアメリカで流行しているPelotonですが、一体どのようなフィットネス器具を販売しているのでしょうか。

20万円以上するエアロバイクを販売

まずPelotonが販売しているフィットネス器具についてチェックしていきます。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。

連載シリーズ (全16回)

2019年米国IPO

Gpu5ybyeuyaenimo7zffmw
アメリカのフィットネスユニコーン『Peloton』が上場申請
Gpu5ybyeuyaenimo7zffmw