1Qで営業赤字▲21億円!通期黒字化を目指す「ミニストップ」に何が起きた?

1Qで営業赤字▲21億円!通期黒字化を目指す「ミニストップ」に何が起きた?

コンビニ大手「ミニストップ」(証券コード:9946)が最新決算を発表したので業績をチェックしてみると、トップ3社とは対照的な状況となっていました。

まずは前期(19/2期)までの推移を追いかけてみます。

営業総収入は何とか横ばいを維持しているものの、営業利益は年々減少。ついに19/2期は営業赤字に転落してしまいました。

上場以来初の最終赤字という事態に陥ってしまったミニストップは、20/2期に再起を誓っています。

営業総収入は2.3%増の2,100億円、そして営業利益14億円と黒字化を今期の目標として掲げました。

ところが、先日発表された1Q決算は通期目標からかけ離れた結果となっていました。

四半期売上は進捗率が1/4に満たない506億円。そして、営業利益は▲21億円と大幅な営業赤字を計上しています。

通期黒字化を目指しているミニストップに一体何が起きたのでしょうか?

大幅な赤字を計上したのは「国内事業」

まずはミニストップの売上と営業利益を開示セグメントごとに見てみましょう。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

ユニー売却で収益性改善!スライド3枚でわかる「ユニー・ファミリーマートHD」2019年2月決算速報

ユニー売却で収益性改善!スライド3枚でわかる「ユニー・ファミリーマートHD」2019年2月決算速報

注目企業

保有していたユニー株式会社の株式を売却し、コンビニエンスストア事業に専念する動きを見せる「ユニー・ファミリーマートHD」(証券コード : 8028)が2018年度決算を発表しました。

中国の店舗数が41%増! スライド3枚で見る「ローソン」2019年2月期決算

中国の店舗数が41%増! スライド3枚で見る「ローソン」2019年2月期決算

注目企業

大手コンビニチェーンの「ローソン」(証券コード:2651)が最新決算を発表しました。

スライド3枚でざっと見る「セブン&アイ・ホールディングス」2019年2月期本決算

スライド3枚でざっと見る「セブン&アイ・ホールディングス」2019年2月期本決算

セブンイレブンを運営する「セブン&アイ・ホールディングス」の2019年2月期本決算が発表されました。