「DeNA」決算:累計508億円の減損計上、MOVはJapanTaxiと統合へ

「DeNA」決算:累計508億円の減損計上、MOVはJapanTaxiと統合へ

決算まとめ 関連資料

スマホゲームなどを手掛ける「DeNA」が3Q決算を発表しました。

売上収益は912億円(前年比△3.7%)、営業損益は△442億円のマイナス。少し驚くような大きな赤字となりましたが、これはゲーム関連資産の減損計上によるもの。3Qまでの累計金額は508億円にのぼっています。

減損とは、ある資産について投資回収が見込めない場合に、資産の帳簿価額に価値下落を反映させる手続きのこと。今回のDeNAの場合、「のれん」で△402億円、「無形資産」で△98億円の減損損失を計上しています。

DeNAは2010年10月、アメリカのスマホゲーム企業「ngmoco」を総額4.03億ドルで買収しました。当時の為替レートは1ドル85円と円高の頃。

その後、会計基準をIFRSに移行、のれんを償却しないまま円安で金額が膨らみました。2016年「ngmoco」などの清算を公表しますが、DeNA全体としてはゲーム事業全体が「資金生成単位」だとして減損計上せず。

しかし、その後もゲーム事業では思うようなヒットが出ていません。こうした状況を踏まえ、今回の減損計上に至ったようです。

任天堂との「マリオカートツアー」牽引

現在のDeNAにおいて業績を引っ張っているのが、任天堂との協業タイトル「マリオカート ツアー」や、12月に中国で配信をスタートした「スラムダンク」などの海外タイトルです。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン