恐るべし”アメーバ経営”!6年で売上約2倍の「京進」

恐るべし”アメーバ経営”!6年で売上約2倍の「京進」

みなさん、”アメーバ経営”をご存知ですか?

今回は、京セラ名誉会長 稲盛和夫が考案した経営管理手法を教育業界で実践した、京都を拠点に学習塾を展開する「京進」(証券コード:4735)を取り上げました。

京進は、京都、滋賀、大阪、奈良、愛知を中心に展開しており、そのターゲット層は幼児から社会人まで幅広くなっています。

また、京進は学習塾の他に語学関連事業(英会話・日本語教育事業)と保育・介護事業を行なっており、事業が細分化されているのが特徴です。

会計年度変更前は少子化やグローバル化などの市場環境の変化により売上が伸び悩んでいましたが、変更した12/5期のあと6年で1.8倍に膨らんでいるのがわかります。

営業利益は比較的少ないものの安定して推移。19/5期は1.4億円(18/5期比+34%)増加する見込みとなっていました。 

学習塾市場が飽和状態で競争が激化する中で、このように安定した経営をしているのには理由があります。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・売上成長の秘訣は〇〇化と事業の〇〇化
・塾事業では〇〇の生徒数がNO.1
・〇〇化成功の理由は”アメーバ経営”にあった!
・19Q3の有利子負債は年々積み上げ〇〇億円に到達
・まだまだ伸ばしたい〇〇・〇〇!

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン