星野リゾートの再建力 ヒントは教科書×ボトムアップにあり

星野リゾートの再建力 ヒントは教科書×ボトムアップにあり

注目企業

ホテルの再建請負人といえば、星野リゾートの星野佳路氏。星野氏が行う“一見常識破り”とも思える戦略は一体どのような理論、ポリシーに基づいているのでしょうか。

星野リゾートのルーツは1914年。前身となる星野温泉旅館を長野県軽井沢で開業したことから始まりました。

現代表である星野佳路氏は大学を卒業後、ホテル経営について学ぶために渡米。1991年の帰国後には、4代目として星野温泉旅館の社長に就任しました。

星野リゾートの再建の歴史は、2001年にリゾナーレ八ヶ岳の運営を引き受けたことから始まりました。

顧客満足度と収益性のUPの両立を目標に掲げて、現在では日本各地のリゾートを運営しています。

なぜ星野リゾートは日本各地のリゾートを再建できたのか。その秘密は「教科書に書かれていることは正しい」という星野氏の持論と、「人を活かす」文化にありました。

そこで、教科書×現場のボトムアップを見事に実現した2つのホテルを見ていきましょう。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・個人の〇〇が観光資源になったホテル
・お客さんからの評価は〇〇で決まる
・独自の戦略を敢行した星野リゾート トマム

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン