日本一のホテルを運営!鉄道以外の売上が70%を占める「西武HD」

日本一のホテルを運営!鉄道以外の売上が70%を占める「西武HD」

注目企業

ホテル業界特集の第1弾は日本一の客室数を誇る「プリンスホテル」を運営する西武HD(証券コード:9024)です。

西武グループを長年支えてきた鉄道業。始まりは1912年に創業された武蔵野鉄道からでした。武蔵野鉄道が創業された時にはすでに、甲武鉄道、多摩鉄道、川越鉄道の3社が武蔵野を走っていました。

西武グループ創始者の堤康次郎氏は1920年に箱根土地という不動産会社を設立。箱根・軽井沢のリゾート開発や、東京近郊の住宅開発を推進。

1957年には神奈川県の湘南に大磯ロングビーチを開業しレジャー事業にも参画しました。その後も事業を多角化し、現在では5つの事業を営んでいます。

今期の売上は5,659億円(前年比:+6.7%)となりました。営業利益も着々と増加して今期は700億円を突破しました。

鉄道業から始まった西武グループは、どのようにして売上成長を続けているのでしょうか。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・ホテル・レジャー事業が全体売上の〇〇%
・日本最大のホテル〇〇は客室数が3,679室
・ホテルの形態では〇〇の売上の方が多い
・インバウンドが増加し、外国人宿泊者比率は〇〇%に

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン