「Luup」が牽引役に!日本にも押し寄せるマイクロモビリティの波

「Luup」が牽引役に!日本にも押し寄せるマイクロモビリティの波

電動スクーターシリーズの最終章では日本の現状について整理します。

地方では超小型車両の導入が推進され、ドコモの赤いシェア自転車が街中を走るのも当たり前となってきています。

ラストマイルの解決手段を振り返ると、過去にはセグウェイが大きな話題をさらった時期がありました。

日本も画期的な乗り物の登場に沸き立ちましたが、"公道では走行できない"という壁にぶち当たって一過性のブームに終わってしまった感があります。

電動スクーターも同じような道を辿ってしまうのでしょうか。

日本でセグウェイが走れなかったワケ

電動スクーターの将来を考えるにあたり、参考にしたいのが先ほど挙げたセグウェイです。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

ラストマイルを巡る争い!ブーム到来の「電動スクーター」スタートアップ世界地図

ラストマイルを巡る争い!ブーム到来の「電動スクーター」スタートアップ世界地図

スタートアップ

電動スクーターはいま、空前のブームに。スクーターというと小型オートバイをイメージするかもしれませんが、「e-scooter」はキックボードを指す言葉として用いられています。

ルンバの起源は"たまごっち"だった! 2年で売上プラス65%!「iRobot」

ルンバの起源は"たまごっち"だった! 2年で売上プラス65%!「iRobot」

世界では"家事の自動化"への動きが強くなっていることをご存知でしょうか。 今回はルンバでお馴染みの「iRobot」(ティッカーシンボル:IRBT)について取り上げたいと思います。