Netflix経営陣が語る事業戦略まとめ:ストリーミング戦争にどう立ち向かうのか

Netflix経営陣が語る事業戦略まとめ:ストリーミング戦争にどう立ち向かうのか

ニュース図解

前回、ネットフリックス(Netflix)の決算数値をまとめました。決算インタビューでは経営陣が戦略について語っており、こちらも非常に興味深いのでポイントを整理しておきます。

競争激化に対する考え方

近年、動画ストリーミングの領域に起きている大きな変化の1つが、競争環境の激化です。

ディズニー、アップル、HBOなど、有力なサービスが次々と動画ストリーミング事業に参入。世間では、ネットフリックスの持続的成長を危ぶむ声が少なくありません。実際に、2019年4Qの米国課金者の純増は、3Q時点で60万人と予想していましたが、現実の数字は42万人。海外ユーザーは予想を上回った一方、米国内は減速しているのが現実です。

中でもディズニーは全版権を自社で抱えています。ネットフリックスCEOのリード・ヘイスティングスも「ディズニー+は急速にグローバルサービスに成長するだろう」と発言。

その一方でヘイスティングスは、ネットフリックス自身の未来について極めて楽観的です。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン