従業員1人で903万円の営業CF 法人契約やマンション契約が躍進「朝日ネット」

従業員1人で903万円の営業CF 法人契約やマンション契約が躍進「朝日ネット」

注目企業

今回は「朝日ネット(証券コード:2782)」について見ていきます。彼らは中堅上場企業「NEXT1000」の中で、「従業員一人当たりの営業CF」で2位にランクインしている企業です。(参考記事) どのような企業なのでしょうか?

高品質インターネット回線を提供する「朝日ネット」朝日ネットの前身である株式会社アトソンは、1990年にパソコン通信を中心に事業を開始。2001年に朝日ネットに社名変更し光通信を開始。2014年から2018年まで5年連続でブロードバンドアワード部門で総合最優秀賞を獲得しています。

営業利益率は競合より高く9.0%

売上は93.4億円朝日ネットの売上は毎年増加しており、2018年は売上93.4億円(前年比:+6.1%)です。その一方で営業利益は年々減少しており、8.4億円(前年比-35.9%)となっています。

競合に比べると営業利益率は高い営業利益率は減少していますが、朝日ネットは競合のフリービットやインターネットイニシアチブよりも利益率が高くなっています。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・◯◯と契約することで利益率&営業効率UP
・解約率は◯◯%
・調達資本の85.3%を◯◯が占める

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

ストック売上が全体の8割超!日本初のネット企業「インターネットイニシアティブ」

今回は国内で初めてインターネットの商用接続サービスを開始した「インターネットイニシアティブ(IIJ)」について見ていきたいと思います。