たった1年で株価が10倍に!ビッグデータ解析のプロ「ALBERT」

たった1年で株価が10倍に!ビッグデータ解析のプロ「ALBERT」

注目企業

ビッグデータ解析やアルゴリズム開発を行う「ALBERT」(証券コード:3906)は18/12期に売上成長率87%と飛躍的な成長を遂げました。(2018年通期決算説明資料

AI技術の活用や自動運転領域にも携わる「ALBERT」

沿革

「ALBERT」は、2005年7月に家電製品の比較・選定支援サービス「教えて!家電」の運営会社として設立。2007年にはインターネット上のユーザーの行動履歴を分析し、パーソナライズした情報を表示するレコメンドサービス「Logreco」を開始しました。2015年には東証マザーズに上場。2018年には消費者がAIとチャット形式で相談できるチャットボットサービスをリリースしました。

通期売上は16.3億円

18/12期の売上は16.3億円となりました。(前年比:+87.0%)。売上好調の背景にはALBERTの内部統制とある企業との資本提携が関係していたようです。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・〇〇産業にフォーカスし売上割合は77.7%
・内部稼働率は〇〇%に改善
・株価は約1年で10倍。企業価値はFCFに対して〇〇倍
・〇〇と業務資本提携を締結したことで技術の信頼感がUP
・市場規模は2ケタ成長が続き、2020年には〇〇億円に

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事