出版不況の中で漫画市場は一体どうなってる!?日本の「漫画市場」を分析

出版不況の中で漫画市場は一体どうなってる!?日本の「漫画市場」を分析

ニュース図解

本が売れなくなったという声を最近よく耳にするようになりました。実際に1999年、全国に2.2万店ほどあった書店数が、2017年には1.3万店ほどに減少。

書店数の減少に伴い、日本の出版販売額も減少。1996年には2.7兆円ほどあった出版の市場規模は2018年には1.3兆円にまで縮小すると予測されています。

そんな縮小の一途を辿っている日本の出版業界ですが、漫画市場だけは非常に面白い動きをしています。

それでは日本の漫画市場が一体どうなっているのか、さらにはどのような漫画サービスが運営されているのか見ていきたいと思います。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・漫画市場は2017年には〇〇億円に縮小
・電子版単行本の市場規模は〇〇億円に増加
・Amaziaは〇〇を運営
・パピレスは〇〇を運営
・ピッコマの売上は〇〇億円 LINEマンガの決済高は〇〇億円

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン