保育園の運営で毎年10%以上の増収を続ける「JPホールディングス」

保育園の運営で毎年10%以上の増収を続ける「JPホールディングス」

注目企業

東京都などを中心に待機児童問題が注目を集める昨今。今回紹介する「JPホールディングス」は待機児童問題を追い風として業績伸ばしている企業です。

毎年10%以上の売上成長率をキープ

保育園を運営する「JPホールディングス」

(JPホールディングス 公式HP)

JPホールディングスは1993年に設立された企業。2000年から現在のメインである保育事業をスタートさせています。2002年にJASDAQ市場に上場。2012年には東証一部に指定されています。2017年にはJPホールディングスにとって初となる海外幼稚園をベトナムに開園しています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

幼児教育の無償化が追い風に 2,000会場で体育指導を実施「幼児活動研究会」

幼児教育の無償化が追い風に 2,000会場で体育指導を実施「幼児活動研究会」

注目企業

幼児活動研究会(証券コード:2152)は、幼児向けの体育指導(スポーツクラブなど)を展開する企業です。

幼児への体育指導を行なう「幼児活動研究会」1972年に山下孝一氏によって創業されました。きっかけとなったのは、山下氏が幼稚園で子供に体操を教えるアルバイト。そこで感じた喜びを仕事にしようと、幼児活動研究会を作りました。現在は幼児への体育指導を中心に、保育所の運営や幼稚園へのコンサルティングを行なっています。

日本全国に173拠点を展開!障害者への就労支援から一般プログラミング教育も展開する「LITALICO」

「LITALICO(りたりこ)」は、「障害のない社会をつくる」をビジョンにかかげ、障害者を対象にした就労支援や、幼児教室、学習塾などの教育サービスを提供しています。