売上約3兆円に拡大した「Xiaomi」4Q18はスマホ販売減少

売上約3兆円に拡大した「Xiaomi」4Q18はスマホ販売減少

中国スマホメーカー「Xiaomi」の2018年通期決算をチェックしていきます。

決算リリース

通期売上2.9兆円(+52.6%)

Xiaomiは2010年に創業し、またたく間に中国を代表するスマホメーカーへと成長を遂げました。

中国を代表するスマホメーカー「Xiaomi」

会社HP

2014年から海外展開を開始し、2018年7月に香港証券取引所へ上場を果たしました。

2018年通期の売上は1,749億元(約2.9兆円)

2018年の売上は1,749億元(1元=16.60円で換算:2.9兆円)で52.6%の増収を達成しています。一方で営業利益は12億元(199億円)と約90%の減益となりました。

四半期売上は7,370億円で、前四半期から減収に転じる

業績を四半期ごとに見ると、4Q(10月~12月)は減収に転じました。営業利益は32億元(531億円)で営業利益率は7.2%となっています。2018年の大幅な減益要因は2Q18の上場に伴う一時費用増加が主な要因だったようです。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン