営業利益率42.5%!Webユーザーの行動をヒートマップで可視化する「ユーザーローカル」

営業利益率42.5%!Webユーザーの行動をヒートマップで可視化する「ユーザーローカル」

注目企業

今回はWebサイトの解析ツールを提供する「ユーザーローカル」について紹介していきます。

ユーザーローカルは有名企業や公的機関を顧客に抱える

ユーザーローカルの顧客にはソフトバンクやリクルートなど大企業が多く名を連ねています。また、首相官邸や東京大学などの公的機関もユーザーローカルの顧客となっています。

多くの有名企業や公的機関を顧客に抱えているユーザーローカルですが一体どのような事業を展開している企業なんでしょうか。

通期売上は11.0億円(+13.7%)、営業利益率は42.5%

まずはユーザーローカルの創業者である伊藤将雄氏の経歴から見ていきます。

ユーザーローカルの創業者は伊藤将雄氏

伊藤将雄氏は1973年生まれ。早稲田大学時代に「みんなの就職活動日記」という就活口コミサイトを個人で開発しています。卒業後はビジネス誌出版社で記者職、楽天でエンジニアとして活躍。その後、早稲田大学大学院国際情報通信研究科に入学しています。ここでの研究の成果をもとに2005年に設立されたのがユーザーローカルです。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン