インシデント管理SaaS「PagerDuty」がNYSE上場

インシデント管理SaaS「PagerDuty」がNYSE上場

IPO

先週もまた1社、アメリカのテクノロジー企業が上場申請書類を公開しました。システム管理SaaS「PagerDuty」です。

インシデント管理SaaS「PagerDuty」

PagerDutyは2009年にスタートしたユニコーン企業で、創業者はAmazon出身の3名のITエンジニアです。ITエンジニアにとって、トラブルが起こった時に重要なことは「何が起こったか早く知る」ということ。

そこで、ざっくりいえば「システムトラブルが起こった時にアラートを飛ばしてくれる」のがPagerDutyです。

PagerDutyの業績

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。

連載シリーズ (全16回)

2019年米国IPO

Wt9hvitacprpzdzz1qfaaa
インシデント管理SaaS「PagerDuty」がNYSE上場
Wt9hvitacprpzdzz1qfaaa