国民3人に1人、都民の2人に1人が「花粉症」!2000年に入って日本人の花粉症が急増したのはナゼ?

国民3人に1人、都民の2人に1人が「花粉症」!2000年に入って日本人の花粉症が急増したのはナゼ?

ニュース図解

3月も中盤にさしかかり、「花粉症」というワードを聞く頻度が増えてきました。私自身はまだ花粉症ではないのですが、人生の途中で花粉症になるケースも多いと聞いて戦々恐々としています。

日本人の3人に1人は花粉症!「国民病」とも言われるレベルで拡大

厚生労働省によると、スギ花粉症の有病率は全国で20%を超えると報告されており、なおかつ低年齢化が年々進んでいます。一般的には3人に1人が「花粉症」と言われているくらいで、まさに「国民病」ともいえる疾患です。(東京都だけなら2人に1人という話も)

経済的インパクトも大きい「花粉症」

第一生命経済研究所の永濱利廣氏によると、夏の平均気温が1℃上昇すると、翌年1〜3月の家庭消費が0.9%押し下げられる相関が見られるそうです。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

市場規模1000億円超 急増する「花粉症」で潤う業界は?

市場規模1000億円超 急増する「花粉症」で潤う業界は?

ニュース図解

前編では「花粉症」が急増している背景についてご紹介しました。今や国民3人に1人、都内に限れば2人に1人が花粉症ともいわれる日本。

人口は1億2,633万人ですから、4,000万人以上が花粉症ということになります。日本のFacebookユーザー数が2,800万人らしいので、それより間違いなく多いですね。